芳野昌之の通販サイト

            

アガサ・クリスティーの誘惑

価格:720円 新品の出品: 中古品の出品:80円
コレクター商品の出品:1,000円
カスタマーレビュー
アガサ・クリスティー(1890‐1976)は、処女作『スタイルズ荘の怪事件』(1920)から遺作『スリーピング・マーダー』(1976)まで約80点の長篇・短篇集を著し、ミステリの女王として全世界の読者を楽しませてきたわけだが、その人気の秘密はどこにあるのだろう。60歳以後の晩年の作品に小説家としての成熟を見る著者は、女史の名作30数篇をほぼ年代順に取り上げながら、処女作から事実上の最後の作品『運命の裏木戸』(1973)にいたる作家クリスティーの足取りを追っていく。処女作から晩年までの諸名作の秘密をたずね、名探偵と脇役たちの人間味をさぐる好エッセイ集。
マルコ・ポーロ殿の探偵

価格:1,512円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:2,000円
カスタマーレビュー
13世紀末、イタリアの小さな共和国ジェーノヴァに連行された一人の捕虜。世界をまたにかけた大商人であり冒険家・マルコ・ポーロ。だが、人は彼を「百万マルコ」と呼び、その話を信じようとはしなかった。彼の博識に心酔する数少ない一人、書記のジューリオが奇怪な殺人事件に巻き込まれた時、マルコ・ポーロの推理が冴える。中世イタリアの風物を悠揚せまらぬ筆致で活写しながら、「東方見聞録」執筆の謎にせまる傑作歴史マステリ。
夢を盗む女

価格:1,296円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:500円
カスタマーレビュー
松方光子は32歳、独身の新聞記者。社会部の第一線を経て、現在は世論調査室主任。煙草と英国の女流本格ミステリを愛好し、デスクの引出しにウィスキーの小瓶を隠し持つ一面もある。ほのかな愛情を寄せていた先輩記者の坂口が定年退職後、姿を消したことに疑問を抱き、調査を始めるが、新興リゾート地で彼女を待ち受けていたのは殺人事件と思いがけない真実だった。等身大の主人公を創造し、ミステリ界に新風を吹き込む気鋭の瑞々しいサスペンス。

  繝励Ο繝輔ぅ繝シ繝ォ  PR:辟。譁僣P  蜈ュ譌・逕コ閾ェ蜍戊サ雁ュヲ譬。  繧ー繝ゥ繝輔ぅ繝繧ッ繝繧カ繧、繝ウ 蟆る摩蟄ヲ譬。  繧ソ繧、繝、 譁ー蜩  荳ュ蜿、繝帙う繝シ繝ォ 鄒、鬥ャ  繧ソ繧、繝、 繧ィ繝ォ繧ー繝ゥ繝ウ繝 豼螳  閾ェ蜍戊サ 蟆る摩蟄ヲ譬。 螟憺俣  繝「繝ウ繧ュ繝シ 荳ュ蜿、繝代シ繝  繝代Ρ繝シ繧ケ繝医シ繝ウ蛻晁ウシ蜈・笙ェ  迚ゥ豬∝牙コォ  蟆丞ュヲ譬。 謨吝藤蜈崎ィア 騾壻ソ。  荳ュ蜿、繧ソ繧、繝、  蜷咲ーソ雋ゥ螢イ