松本清張を通販で買うなら

            

「ない仕事」の作り方

価格:1,350円 新品の出品:1,350円 中古品の出品:750円
コレクター商品の出品:3,399円
カスタマーレビュー

〆切本

価格:2,484円 新品の出品:2,484円 中古品の出品:2,000円
コレクター商品の出品:1,480円
カスタマーレビュー
「かんにんしてくれ給へ どうしても書けないんだ……」 「鉛筆を何本も削ってばかりいる」 追いつめられて苦しんだはずなのに、いつのまにか叱咤激励して引っ張ってくれる……〆切とは、じつにあまのじゃくで不思議な存在である。夏目漱石から松本清張、村上春樹、そして西加奈子まで90人の書き手による悶絶と歓喜の〆切話94篇を収録。泣けて笑えて役立つ、人生の〆切エンターテイメント!
真相 (双葉文庫)

価格:2,484円 新品の出品: 中古品の出品:400円
コレクター商品の出品:3,330円
カスタマーレビュー
犯人逮捕は事件の終わりではない。そこから始まるもうひとつのドラマがある。──息子を殺された男が、犯人の自供によって知る息子の別の顔「真相」、選挙に出馬した男の、絶対に当選しなければならない理由「18番ホール」など、事件の奥に隠された個人対個人の物語を5編収録。人間の心理・心情を鋭く描いた傑作短編集。
零的焦点(ゼロの焦点)(中国語)

価格:1,890円 新品の出品: 中古品の出品:8,989円
コレクター商品の出品:300円
カスタマーレビュー

陰の季節 D県警シリーズ

価格:734円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:225円
カスタマーレビュー
『64』で話題沸騰! 横山秀夫「d県警シリーズ」はここから始まった!警察一家の要となる人事担当の二渡真治は、天下りポストに固執する大物obの説得にあたる。にべなく撥ねつけられた二渡が周囲を探るうち、ある未解決事件が浮かび上がってきた……。「まったく新しい警察小説の誕生」と選考委員の激賞を浴びた第5回松本清張賞受賞作を表題作とするd県警シリーズ第一弾! 表題作他、「地の声」「黒い線」「鞄」の短篇四篇を収録。
玉依姫 (文春e-book)

価格:626円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:1円
カスタマーレビュー
累計40万部! 大ヒットファンタジー最新刊女子高生・志帆が、故郷の山奥で遭遇したものとは。ついに明らかになる異世界「山内」の秘密に震撼する“八咫烏”シリーズ第5作。
点と線

価格:2,376円 新品の出品: 中古品の出品:2,000円
コレクター商品の出品:1,500円
カスタマーレビュー
ミステリ好きなら名前を知らぬ人がない名作です。舞台は昭和三十年代。福岡市香椎の岩だらけの海岸で寄り添う死体が見つかったのは、汚職事件渦中にある某省課長補佐と料亭の女中。青酸カリ入りのジュース瓶がのこされ、警察ではありふれた心中事件と考えた。しかし、何かがおかしい──と福岡の老警官と東京のヒラ刑事は疑問を抱く。うたがわしい政商は事件当時、鉄道で北海道旅行中。そのアリバイは鉄壁だった──時刻表トリックの古典にして、今も瑞々しい傑作ミステリ。
点と線 (新潮文庫)

価格:562円 新品の出品:562円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:100円
カスタマーレビュー
九州博多付近の海岸で発生した、一見完璧に近い動機づけを持つ心中事件、その裏にひそむ恐るべき奸計! 汚職事件にからんだ複雑な背景と、殺害時刻に容疑者は北海道にいたという鉄壁のアリバイの前に立ちすくむ捜査陣……。列車時刻表を駆使したリアリスティックな状況設定で推理小説界に“社会派"の新風を吹きこみ、空前の推理小説ブームを呼んだ秀作。
点と線―長編推理小説 (カッパ・ノベルス (11-4))

価格:734円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:3,600円
カスタマーレビュー
福岡市の岩だらけの海岸で寄り添い会う死体が見つかった。死んでいたのは、汚職事件渦中にある役人と料亭の女中。青酸カリ入りのジュース瓶がのこされ、警察ではありふれた心中事件と考えたが、福岡の老警官と東京の刑事が疑問を抱く。しかし、容疑者の政商は事件当時旅行中、鉄壁のアリバイが・・・。 時刻表を駆使したトリックと、丹念なアリバイ崩し。清張初の長編本格推理にして代表作。 「『点と線』は、長い本格的なものを書きたいという、私の最初の試みである。長編として習作程度のものと思っていたが意外に多くの反響があった。その後『眼の壁』『蒼い描点』『ゼロの焦点』など長編もいくつか書いたが、やはり『点と線』はぼくにとっては一番なつかしい作品である」――松本清張
点と線 (新潮文庫)

価格:2,052円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:380円
カスタマーレビュー
ビートたけし主演のドラマ原作。九州の海岸で発見された男女の死体。汚職事件渦中の役人と愛人の心中……そう誰もが思ったが、疑念を抱いたベテラン刑事が独自に捜査をはじめる。しかしたどり着いた容疑者には疑う余地のないアリバイがいくつもあった。同時刻に北海道にいたという鉄壁のアリバイ――東京駅で1日に1度しかない、たった4分間の空白――時刻表トリックを用いた元祖とも言われる作品で、空前の推理小説ブームをまきおこした傑作。松本清張の代表作であり、ミステリ名作中の名作!

  繝励Ο繝輔ぅ繝シ繝ォ  PR:辟。譁僣P  蜈ュ譌・逕コ閾ェ蜍戊サ雁ュヲ譬。  繧ー繝ゥ繝輔ぅ繝繧ッ繝繧カ繧、繝ウ 蟆る摩蟄ヲ譬。  繧ソ繧、繝、 譁ー蜩  荳ュ蜿、繝帙う繝シ繝ォ 鄒、鬥ャ  繧ソ繧、繝、 繧ィ繝ォ繧ー繝ゥ繝ウ繝 豼螳  閾ェ蜍戊サ 蟆る摩蟄ヲ譬。 螟憺俣  繝「繝ウ繧ュ繝シ 荳ュ蜿、繝代シ繝  繝代Ρ繝シ繧ケ繝医シ繝ウ蛻晁ウシ蜈・笙ェ  迚ゥ豬∝牙コォ  蟆丞ュヲ譬。 謨吝藤蜈崎ィア 騾壻ソ。  荳ュ蜿、繧ソ繧、繝、  蜷咲ーソ雋ゥ螢イ